スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【週間】トランプショックのおかげで助かった

8日に投開票された米大統領選挙はまさかのトランプ氏勝利!

英国のEU離脱に続く予想外の結果で金融市場は乱高下。

今回のトランプショックの乱高下のおかげてショートの塩漬けが決済できて助かりました。

おまけに指値入れてなかったので101円半ばで決済。

今年最高の利益かも。


しかし、急落で損切り食らって、下で買い損なって何もできなかった人は悔しいでしょうね。

私もそうですが、やはりあの急落では手が出せません。

まあ仕事中でしたので何もできなかったのですが・・・

株の方はまったくダメダメの日々が半年続いています。


<アナリストの予想は当てにならない>

テレビでトランプ氏が勝利したら1ドル=100円割れなんて言っていたアナリスト。

その言葉を信じて実はまたドル円のショートを入れてしまいました。

しかも104円台でナンピン。

せっかく102円のショートを決済できてほっとしたところで、どうせショートカバーの一時的買戻しと思って。

アナリストの予想なんて当てにならないし、手のひらを返して今度は1ドル=110円を超えるなんて言っている。

米国現地の肌感もわからない日本人の言う事は信用しちゃいけませんね。



<米長期金利の動向を注視>

大統領選挙後の急反転は米長期金利が大幅に上昇によるものと聞く。

米10年債利回りは大統領選挙前の1.8%台から、選挙後は2.1%台へ急上昇。

今回の大統領選挙で金利の動きも重要であることを感じました。

今後は金利の動きにも注視しなければ。



<ボラタイルな展開こそチャンスあり>

英国のEU離脱の時は1ドル=100円割れましたが、あそこで買える勇気があればと悔しい思いをしたのに、また今回も悔しい思いをしてしまいしまた。

ショック時のボラタイルな展開は見送ったほうがいいのか・・・

やはりショック時こそチャンスあり。果敢に参加しないと大儲けはできませんね。

そのためには十分な資金を持っておくこと。

私の場合、ポジション持ち過ぎて証拠金維持率が200%くらいだから、何もしないほうが正解ですが・・・

早くポジションを整理しないと・・・損切りはしませんが・・・


<来週の主なスケジュール>

14日(月)
国内総生産 7-9月期実質GDP 1次速報値
黒田日銀総裁が名古屋で講演

15日(火)
米・10月の小売売上高(前月比)
ユーロ圏・7-9月期(第3四半期)実質GDP

16日(水)
米・10月の鉱工業生産(前月比)

17日(木)
安倍首相がトランプ次期米大統領と会談
イエレン議長、議会証言
米・10月の消費者物価指数(前月比)


ポチっと応援クリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ





■ トレード実績
【株】
 11月の損益 +0円(今週の損益+0円)
 --------------------------------------------
 【年間損益】+166,900円
 【損失通算】-137,500円

【FX】
 11月の損益 +197,800円(今週の損益+159,800円)
 --------------------------------------------
 【年間損益】+454,500円




コメントの投稿

非公開コメント

No title

株太郎と愉快な仲間たちの管理人、株太郎と申します。
相互リンクお願いできますでしょうか。

サイト名:株太郎と愉快な仲間たち
URL : http://kabutaro777.com/

HP開設から約1年経ち、内容も充実してきました。
当方、リンク済みです(http://kabutaro777.com/link/kabu_link_001/link001.html)。

ご連絡お待ちしております。

株太郎さんへ

コメントありがとうございます。
素晴らしいサイトですね。
リンクさせて頂きました。
プロフィール

ぎゃらん道

Author:ぎゃらん道
転落人生のうつ病の50代♂
2004年から株式投資を始める。ライブドアショック、リーマンショックで資産は大幅減。
アベノミクス相場にものれず損失拡大中のダメおやじ。
投資で生活費を稼ごうと夢見るが現実は厳しかった。
でも諦めずにコツコツと精神を壊しながらトレードしています。

カテゴリ
[PR]
おすすの本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。